• 京都造形芸術大学 卒業制作 5
  • URL
  • Point
  • 自らの歴史を綴った自叙伝【2351文字】で自身のシルエットを、かたどったポートレート作品になります.

    本来のタイポグラフィとは違うベクトルで、[フォント][大きさ][カーニング][行送り]などを選択しています.  正直に告白すると、文字同士の密着度をあげる為に選択したフォント『ハルクラフト』であったが、制作にあたり検証していくと「力強いインパクトとともに人間らしい温かみを感じさせる」という制作者の想いを知ることができ、自身を語るというテーマとあながち遠くなかったのでは?と思っています.

    ※ 日本タイポグラフィ協会が選出する『日本タイポグラフィ年鑑 2018』の学生部門に入選いたしました.

CREDITS
Planning + Design + Direction :
山口 元希
Advice :
京都造形芸術大学 通信学部